ジャズギターを始める時に必要な機材

ジャズギターを始める際に最低限必要なものをご紹介します。01

  1. ギター
    ギターは主に「ストラト系」「レスポール系」「テレキャス系」「セミアコ系」「フルアコ系」にわかれます。
    セッティングを変更すると、どのギターもジャズギター音が鳴りますが、どのタイプを選んでよいかわからないときは、自分の好きなギタリストが使っているギターのタイプを選ぶのもよいでしょう。

  2. アンプ
    アンプは「Polytone」「Bingo」がクリーンなサウンドアンプとして有名ですが、フェンダー系のアンプもクリーンな音が出ます。どのアンプにするか迷ったときは、「Polytone」などベーシックアンプを選択し、その後お気に入りを見つけていくことがよいかもしれません。

  3. ピック
    ピックには、おにぎり型、ティアドロップ型、小さい型。厚さは薄い、普通、厚めのものと3つずつに大きく分類できます。最初は持ったときに、手にしっくりきたピックをいくつか試して聞き比べてみるという方法をお薦めします。

  4. ケーブル
    ケーブルは楽器店で試すことが出来ないものなので、購入してから試すしかないことが残念なところです。
    ジャズ系ならばモンスターケーブルやモガミケーブルをおすすめしたい。
    ケーブルにも個性がありますので、いろいろ試してみるのもよいでしょう。


  5. ジャズギターの弦は.011以上のセットの太い弦が好まれるようです。
    フルアコやセミアコにはフラットワウンドを使うのがベーシックですが、ラウンドワンド弦を使う方もおります。
    弾きやすいもの、演奏していて納得のいく音が出るものを選ぶのが最良です。

  6. エフェクター
    ジャズギタリストには音楽をもっと表現豊かにするために、エフェクターを効果的に取り入れている方が多くいます。カートローゼンウィンケルは歪み系のエフェクターを、ジョンスコフィールドはループ系やオクターバー系のエフェクターを、ジェシヴァンルーラーはオートワウ系を使って表現をしています。
    使ってみたいエフェクターがあれば積極的に取り入れていくのも自分の音の表現の可能性を拡げていくはずです。

TOPへ戻る